京都で婚活するなら「ことぶら結婚相談所」

お見合いの会話が苦手でもハンデなし!口べた男性へ贈る秘策

お見合いの会話が苦手でもハンデなし!口べた男性へ贈る秘策

スポンサーリンク

結婚相談所入会者が担当仲人に相談するお悩みとして、「お見合い相手との会話が苦手」という共通点があります。特にアラフォー男性に多いことなのですが、「異性とのお話すると言葉が出てこない」「緊張してしまう」「相手との接し方に自信が持てない」という人が多いのです。

ひょっとすると、あなたもその気持ちが理解できるのではないでしょうか?でも、事前に会話ネタをマニュアル化すると余計緊張しますし、かといって何も用意しないのも不安だと思います。

スポンサーリンク

そこで、この記事では異性との会話が楽になるための考え方や、心理テックニックを利用した会話のコツ、してはいけないマナー違反行為やタブーについて紹介します。成婚に向けて活動する上で、お見合いの成功は必須ですので、ぜひ参考にして下さいね。

 

口下手でも緊張しても大丈夫!

プロフィールを見て気に入ったお相手とお見合いが成立しても、いざその時を迎えると口下手だから会話が続かないと悩んでいる人は多いです。人によっては交際に進展しても、口下手ネックでお断りとなるケースもあるようです。会話に対する苦手意識が付いてしまうと、雰囲気を悪くする可能性もありますので、早めに克服しておきたいものですよね?まずは具体的なテクニックを学ぶ前に、ちょっとだけ考え方を変えてみることをオススメします。

 

無言の時間を制する者はお見合いを制す

お見合い時の会話が苦手という人の多くは、無言の時間が辛いようです。確かにお相手との会話が続かず、シーンとした雰囲気になると、気まずくなるかも知れません。

そのような時は、最初に「自分は口下手なので、もしも無言になっても気にしないでくださいね」と伝えておきましょう。そうすると、お互いが気まずい思いをすることを少しでも緩和することができるでしょう。

また、正直に弱点をさらすことで、誠実な印象を与えることもできるかも知れません。無理をせず、自然体の自分をさらけ出しましょう。

 

意識的にペースダウンすると落ち着く

会話が苦手な人は、焦りを感じると早口になる傾向があります。早口になっていることでさらに焦りを感じ、悪循環となる場合もあります。落ち着こうと思っても、なかなか落ち着けない状況に陥るのです。

そのような時は、意識的にペースダウンしてみましょう。ゆっくり話したり、ゆっくり行動すると、落ち着きを取り戻すことがあります。この方法は緊張を感じた場合にも有効なので、ぜひ試してみてください。

 

自己満足より相手満足を心がける

会話を苦手だと感じている時は、思考の軸足が自分に向いていることが多いです。ちょっと目線を相手に向けて、相手満足に軸足をおくとスッと気持ちが楽になることがあります。

会話が苦手と考えている間は、自己の体面を気にしていることが大半なので、相手満足の視点に立つと、おのずと接し方も変わって来ます。相手の気持ちを徹底的に考えてみる癖をつけると、会話の流れが目に見えて変わってくるかと思いますよ。

人間関係全般のコツでもありますので、お見合いで練習するくらいの気持ちで臨みましょう。具体的には、相手満足に立つと、話し上手よりも聞き上手になれるはずです。

 

聞き上手は話し上手より好印象

人間には承認欲求という本能的な欲求があります。自分を認めてもらいたいと思う欲求です。この承認欲求は話しをすることで満たされます。ということは、聞き上手になると相手の承認欲求を満たすことになるのです。

以前、話し方講座などで、アドバイザーから話し上手になるためのテクニックを叩き込まれた人がお見合いをされました。しかし、待ち合わせして初対面から終了まで、自慢話ばかり話していたのです。確かに話し方は上手かったのですが、お相手からは敬遠されてることになりました。

一方、口下手ではあったものの、聞き上手だった人は、交際希望の連絡を勝ち取りました。程度にもよりますが、聞き上手の人の方が好意を持たれる傾向があります。これは、お見合いだけでなく、友人関係でも恋愛関係でも家庭でも同じことがいえます。聞き上手はモテ上手だと覚えておきましょう。

 

「にこやか」な笑顔が大切

会話が苦手な人は、ノンバーバルコミニケーションを意識しても良いでしょう。メラビアンの法則によると、人間は会話の内容と顔色に齟齬があった時、見た目・声・内容の順に整合性を判断するようです。

つまり、会話以外の部分も印象に影響を与えるので、ノンバーバルコミニケーションはとても重要です。特に第一印象がその後の印象に長く影響を及ぼすので、出会いの時には素敵な笑顔や清潔感のある服装、紳士的な態度をとりましょう。笑顔は無理に作るのではなく、「にこやか」な笑顔を目指すと自然です。鏡の前で練習してみると良いでしょう。

 

初対面で印象が上がる心理テクニック

ここまで考え方を変えましょうという提案をしてきましたが、ここからはテクニックをお伝えします。お見合いの前半から後半までの各シーンに、効果的な心理テクニックを使うと、印象がアップする可能性が高まります。頭が混乱しないように、シンプルな方法を紹介しますので、ぜひ習得してください。

 

最初の挨拶時に使える心理テクニック

最初の挨拶時に使える心理テクニックは、座る場所のテクニックです。人間は真正面に座るよりも、横に座る方がリラックスすることができます。ただ、お見合いでは横並びで座ることはできませんので、L字になるように座ると良いでしょう。座るだけなので事前準備が必要ありませんが、対面の席しかないお店だと実践できないので、あらかじめお店のレイアウトは調べておく必要があります。

 

会話中に使える心理テクニック

会話中にはペーシングというテクニックがおすすめです。相手の話す速度に合わせて話したり、相手の使った単語を意図的に使ったり、語尾を真似するテクニックです。たとえば、相手が「すごく美味しいコーヒーですね」といった時、「めっちゃ美味しいですね」というのではなく、「すごく美味しいですね」と合わせます。

相手が「私は和食が好きなんです」というと「和食がお好きなんですね」と語尾を繰り返します。このようなことを、相手の会話のスピードに合わせて行うことで、無意識的に同類だと認識されやすくなり、結果的に親近感をアップさせる確率が上がります。

 

最後の挨拶時に使える心理テクニック

最後の挨拶も重要です。なぜなら、人間は最後のことを記憶に残しやすいからです。そのため、最後に印象的で前向きなことを伝えると良いでしょう。たとえばお礼の時に「いままでお会いした方の中で一番有意義に過ごせました」というような特別感を出すと、相手の印象に残りやすいでしょう。ただし、心理テクニックを使っていることが相手に分かってしまうと、逆に悪い印象を与えますので、あざとくならない程度のさりげなさが重要です。

 

口下手男性が知っておくべき注意点

ここまでお読みいただいた方であれば、実践さえすれば、かなりスムーズに会話を運ぶことができるかと思います。しかし、慣れてきた時が最も油断しやすい時でもあります。そこで、口下手男性が知っておくべき注意点についても触れておきましょう。

 

タブーな会話を持ち掛けないこと

婚活している女性に対してはいくつものタブーがあります。たとえば「どうして今の歳まで結婚しなかったのか」「お見合いの回数」「再婚の場合の元旦那の情報」など、女性が聞かれたくないことは触れない方が無難です。

 

タブーな態度をしないこと

タブーな態度も禁物です。よくあるタブーの態度は「断りもなくタバコを吸う」「音を立てて食べる」などがあげられます。一般的なマナーは把握しておいた方が良いでしょう。

 

相手の言葉や話しの内容を否定しない

相手の言葉や話しの内容を否定するのもタブーだと考えましょう。否定したい場合には最初に肯定してから否定することをおすすめします。たとえば「このお店は料金が高いですね」といわれた場合、いきなり「そんなことないですよ。ほかのお店より安いですよ」というのではなく、「そうですね。ただ、ほかのお店はもっと高いんですよ」と話すと良いでしょう。心理学の否定的肯定という手法により、マイルドに考えを主張することができます。

 

相手に興味を持つと聞きたくなること

会話が続かない場合に、会話のネタがないという理由をあげる人がいらっしゃいます。確かに、ここまで紹介した方法で、ある程度会話がスムーズになったとしても、一定期間後に会話のネタが尽きてしまうこともあるでしょう。そんな時にはお相手に興味を持とうとすると聞きたくなることも増えるはずです。興味を持とうとしたことによる会話ネタの具体例を紹介します。

 

どんな仕事をしているのか

仕事は人生の時間の中でも大きな割合を占めるため、どのような仕事をしているのかは、お相手の生活の一端を知ることでもあります。ただし、仕事を辛いと感じている人もいらっしゃるかと思いますので、深堀しない方が良いこともあります。

 

休日の過ごし方

相手に興味を持つと、どのような休日を過ごしているかが気になるでしょう。聞いてみると同じような趣味を持っていた里、自分も興味のある所に出かけたりしている可能性もあります。この先誘って出かけることができるかも知れませんので、意外な進展となることもあります。

 

結婚後のビジョン

結婚後のビジョンはぜひとも聞いておきたい事柄です。お互いのビジョンが違った場合には結婚しない方が良いかも知れませんし、逆にタイプではなかった人と、ビジョンを共有できたことで成婚となることもあります。結婚後に違う道を進まなくても良いように、早い段階で聞くことをおすすめします。

 

趣味や関心を持っていること

どんな趣味を持っているかは婚活での重要な要素です。共通の趣味がある場合には親密度が上がる可能性がありますし、逆に未知の趣味である場合には、新たな世界観が広がることもあります。また、趣味がない相手であれば、関心事を聞いてみると良いでしょう。どのようなことに興味を持っているのかを知ると、何となく人となりが分かることもあります。

 

どんな家族構成なのか

現在の家族がどんな構成なのかを聞くのも良いでしょう。その場合には家族の雰囲気も知るとお相手の性格がつかめるかも知れません。ただし、根掘り葉掘り聞くと嫌がられることもあるので、ほどほどが大切です。

 

好きな食べ物と嫌いな食べ物

食べもの話しは会話が盛り上がるテッパンネタです。お相手の好きな食べ物と嫌いな食べ物を聞いてみましょう。自分が答える場合には、嫌いな食べ物はあまりいわない方がいいかも知れません。好き嫌いが多いと思われないように、好きな食べ物を中心に答えることがポイントです。

 

住んでいる街の良さや愛着

住んでいる街や出身地の良さをヒアリングすることもおすすめです。そこからの各県のアルアルネタなどに発展すると、会話が盛り上がります。もちろん、お相手の住んでいる街や出身地を否定したり、自分の住んでいる街や出身地を過度に自慢するのは控えましょう。

 

口下手でもお見合いは不利にならない

お見合いにおいて、口下手であることを不利だと考える人は非常に多いのですが、実は不利にはなりません。相手の立場に立って、相手を満足してあげることが大切です。お見合いの時には、上手く話せたかどうかよりも、相手満足の立場に立てたかを自問自答してみましょう。これは結婚後にも重要な要素だと思いますよ。

結婚のチャンスを上げる!無料メールセミナー受付中

10日間の無料メールセミナー!「あなたが結婚できない理由はコレだ!10日間で結婚チャンスを上げる科学的方法」

日本実務能力開発協会 認定コーチ、上級心理カウンセラー、行動心理士の資格を持つ代表田中が10日間毎日配信する無料メールセミナーです!どうすれば結婚ができるのか?脳科学や心理学をベースに、結婚する確率を科学的に上げる方法をレクチャーいたします。

【メールセミナーのスケジュール】
1日目:はじめに
2日目:自分で自分をどう思っているか?セルフイメージを知ろう
3日目:自分をしばりつけるお邪魔虫!メンタルブロックとは?
4日目:もう一つのお邪魔虫!ホメオスタシスってなぁに?
5日目:あなたを自動操縦している潜在意識
6日目:だから結婚できないんだ!スコトーマの謎
7日目:これで良縁を引き寄せる!ゴール設定のススメ
8日目:セルフイメージを上げて成婚を引き寄せる方法
9日目:条件は下げてはいけないけど広げよう!
10日目(最終回):手間暇かけずに大量行動

ご登録は以下のフォームからお気軽に!
PC用 登録・解除フォーム

携帯用 登録・解除フォーム

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールをご確認ください。

スポンサーリンク