京都で婚活するなら「ことぶら結婚相談所」

婚約とプロポーズの違いってナニ? 今さら聞けない豆知識

婚約とプロポーズの違いってナニ? 今さら聞けない豆知識

スポンサーリンク

婚約とプロポーズというのは、女性にとってはとても魅力的な言葉ですよね。誰もが憧れるシチュエーションの1つだと言っていいと思います。しかしこの2つの違いって明確な違いは分かりにくいですよね?そこで、婚約とプロポーズの違いについて解説します。

 

スポンサーリンク

婚約とプロポーズの違いとは?

簡単に言ってしまうとプロポーズというのは口約束のことです。「結婚しよう!」と言われ、2人の間で承諾された後の事を、一般的に婚約したと言います。ただ、プロポーズが口約束だといっても、2人が結婚の契約した状態には変わりないので、あまり簡単に考え過ぎてもいけません。

 

プロポーズとは口約束

口約束だけの事なのに、と考える男性陣も多いかと思いますが、女性側にしてみれば、一生に一度のプロポーズを、どんな場所や言葉で受けるかがとても重要なことなのです。

大勢の友達などに囲まれた中でのサプライズ的なプロポーズ、もしくは2人っきりで静かなレストランや、ロマンティックな場所でのプロポーズなど、好みがさまざま分かれると思いますが、男性は女性の好みや性格をしっかり把握したうえで、場所や言葉を考えたいですね。

ただ気を付けたいのは、酔った勢いでのプロポーズというのがもっとも女性から嫌われるようです。冷静になった時に、何も覚えていないというのは後々あらゆるトラブルの元になりやすいので、ぜひ気を付けましょう。

婚約とは結婚までの期間

婚約というのは、将来の伴侶を決めて結婚の約束をすることを言います。これだけではプロポーズと変わらないんじゃないか?と思いますが、「結婚します」という意思を第三者に表明しているかどうかで違います。そして2人の意識を合わせて、結婚への準備をしていく段階の期間が一般的な婚約期間と言われています。

 

婚約とプロポーズに関する豆知識

よく聞く「結婚を前提とした付き合い」と「婚約」というのにも違いがあります。どちらも交際をしていることには変わりはないのですが 、「結婚を前提とした付き合い」と言うのはこのまま交際に問題がなければ結婚をしましょうということですし、 結婚の約束をしているとまでは言い難いのです。

どこかのタイミングでプロポーズをして結婚を2人で約束することで、初めて婚約したと言います。

 

婚約とはどんな状態なのか

例えば両家のご両親への挨拶や、職場への挨拶、友人への紹介 などもあると思いますし、両家のしきたりによっては結納もあるでしょう。こういった周りの第3者への報告など、結婚への具体的な準備を進めていく期間のことを一般的な婚約期間と言うようです。

婚約に法的手続きはあるのか

婚約には婚約届といった書類はありません。プロポーズをいつどこで何時何分にされたなど、記録に残すこともめったに無いと思います。しかし婚約期間というのは、第三者に結婚をすると意思表明をした後ですから、精神的、気持ちの問題もあるので、簡単に結婚を取りやめるという事は基本的に難しい状況です。

場合によっては婚約破棄による損害賠償や慰謝料なども発生するからです。婚約とは、行政の手続などは必要はないのですが、法的な効果を持つということを忘れてはいけません。

 

いつからが婚約期間?婚約の流れ

一般的にはプロポーズを受けて、2人が承諾した時点からが婚約期間という事になります。しかしながら、結婚する意志が固まり、お互いのご両親ご両家の了解を得た段階で初めて婚約したという気持ちにもなるのも少なくないようです。

昔から、結婚は家同士の結びつきとも言われています。そのためにはご両親や親戚などに対して、結婚の承諾を貰わなければいけない場合もあるでしょう。しかし家族の同意がなければ婚約できない訳ではないですし、周囲に認めてもらえた事によって、婚約したんだという実感が強くなる場合もあるでしょう。

 

婚約指輪を渡す

少し前までは、テレビドラマの影響などもあり、プロポーズの時には男性側が婚約指輪を女性の前に差し出すという場面がとても印象深い形だったのですが、今は婚約が成立してから、2人で一緒に婚約指輪を選ぶ事が多いようです。

しかしサプライズの演出をしてプロポーズをしたい男性側からすれば、指輪を渡すというのは一大イベントでもありますし、高価な指輪を初めて選ぶ訳ですから、非常に悩んでしまいますよね。

相手の女性の好みを知るために、デートやショッピングのコースにさりげなくアクセサリー売り場や百貨店内を通ってみるなど、ちょっとした事前のリサーチ力も必要になるでしょう。

両親へ挨拶

2人の結婚の意思が固まったら、まずは双方の親に挨拶をしなければいけません。交際中にご両親にお会いしていたとしても、結婚となれば改めて正式なご挨拶をする場を設けましょう。これも決まった形式はないので、ご両親の日程などをお伺いし、予定を立てましょう。個室を予約して、両家顔合わせの食事会なども最近は定番になりつつあります。

 

結納や指輪交換

ご両親に挨拶をし結婚を認めてもらうだけで、後は2人で結婚式準備へという流れも多いですが、中にはしっかりと結納を交わすという場合もあります。最近、結納はやらないという家庭も多いのですが、略式のものを行なったり、しっかりと昔ながらの方法で行う家庭もあります。地域やご実家のしきたりにもよりますので、両家で意向などを話し合って行うと良いでしょう。

結納以外で、婚約の記念になる品を2人で贈り合うケースも最近はあるようです。贈る物の内容や金額は、それぞれによって違いますが、記念の品は、男性から女性に送る場合は、指輪がやはり一般的ですが、他にもネックレスや時計、ピアスやイヤリングといったアクセサリーなど、身につけるものを贈ることが多いようです。男性へは時計を贈るという意見が多いようです。

 

婚約式や婚約パーティー

婚約したからといって必ずやらなければいけないわけではありませんが、相手の意向やご両親などの気持ちを汲んで、婚約式や婚約パーティーをするケースもあるようです。結婚式は親族だけで行い、婚約式は友人も呼んで行うというケースもあるようですし、結納の形式をカジュアルにした現代の風潮と言ってもよいでしょう。ただしあまり過剰なパーティーとなると、冷ややかな反応もあるので気を付けた方がよさそうです。

 

婚約通知状を送る

婚約をしたことをハガキなどで通知するといったケースがあるようです。最初にも述べたように婚約の段階には法的な効果があるので、多くの人に婚約の証人となってもらえるというメリットがあります。

昔から、「結婚しました」という新居のご案内ハガキでの通知を送るケースはありましたが、こうやって婚約通知状にて代える人も中にはいるようです。

しかし婚約通知状というのは、基本的に職場や仕事関係の人には送らないのがマナーとなっていますので気を付けましょう。プライベートなことなので、個人の付き合いの範囲内で送ったほうが良いでしょう。

 

めでたく入籍

婚姻届は、1年中無休で役所で受付けてもらえますが、もし不備があると希望日に受理されない事もあります。特に仕事終わりの夜間や休日に提出する場合は注意が必要で、婚姻の受理されるのが翌営業日となるケースが多いようです。

そうなると、せっかく2人で決めた結婚の記念日が、希望の日ではなくなってしまう事も少なくありません。そうならないためには、事前の準備がとっても重要になりますので、役所に電話をして問い合わせをするのも良いので、必要書類をしっかりと揃えて不備なく決まった日に受理をしてもらえるように整えておきましょう。

当たり前なのですが、婚姻届けは一旦提出したら戻ってきません。複写タイプでもないので役所の窓口でそのまま回収されるため、あっけない印象を持つ方もいると思います。

結婚の想い出に残しておきたかったなという後悔にならないよう、あらかじめ提出前にカラーコピーを1部取るのもおすすめです。

 

まとめ

プロポーズを承諾して婚約した2人には結婚に向けた努力義務が発生します。ただ、婚約したからといって法律的に結婚が強制されるわけではないので、万が一相手が拒否をしたら、無理やり結婚できるものでもありません。意見の食い違いや迷いもたくさん出てくると思いますが、婚約期間も充分なコミュニケーションをとって話し合い、結婚に向けて2人で頑張っていきたいですね。

結婚のチャンスを上げる!無料メールセミナー受付中

10日間の無料メールセミナー!「あなたが結婚できない理由はコレだ!10日間で結婚チャンスを上げる科学的方法」

日本実務能力開発協会 認定コーチ、上級心理カウンセラー、行動心理士の資格を持つ代表田中が10日間毎日配信する無料メールセミナーです!どうすれば結婚ができるのか?脳科学や心理学をベースに、結婚する確率を科学的に上げる方法をレクチャーいたします。

【メールセミナーのスケジュール】
1日目:はじめに
2日目:自分で自分をどう思っているか?セルフイメージを知ろう
3日目:自分をしばりつけるお邪魔虫!メンタルブロックとは?
4日目:もう一つのお邪魔虫!ホメオスタシスってなぁに?
5日目:あなたを自動操縦している潜在意識
6日目:だから結婚できないんだ!スコトーマの謎
7日目:これで良縁を引き寄せる!ゴール設定のススメ
8日目:セルフイメージを上げて成婚を引き寄せる方法
9日目:条件は下げてはいけないけど広げよう!
10日目(最終回):手間暇かけずに大量行動

ご登録は以下のフォームからお気軽に!
PC用 登録・解除フォーム

携帯用 登録・解除フォーム

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールをご確認ください。

スポンサーリンク