京都で婚活するなら「ことぶら結婚相談所」

婚活がうまくいかない人の口癖はズバリ!あなたは大丈夫?

婚活がうまくいかない人の口癖はズバリ!あなたは大丈夫?

スポンサーリンク

婚活をしていると、普段は人と話したりするのが苦手な人もたくさんの人と会ったりコミュニケーションをとらなければいけません。それが長くなればなおさら婚活疲れを起こしやすくなりますよね。そしてそんな方々はある共通の口癖を言うようになるんです。その口癖を紹介します。

 

スポンサーリンク

婚活がうまくいかない人の口癖

それでは婚活がうまくいかない人の口癖とはどういったものでしょう。そのいくつかをご紹介いたします。

 

良いお相手に恵まれない 

「私の周りには良い相手がいない、ロクな人がいない」なんて、日頃からこのように言ってる人では、それこそ、うっとおしくて誰も近寄ってきてはくれないでしょう。

「良いお相手がいない」「ロクな人がいない」と、いった感じに、自分に好きな人が見つからないことを環境や周りの人のせいにしてばかりいる、こんなままでは、どうして自分にお相手が見つからないのか、たとえ自分に悪いところがあったとしても、その原因がいつまでたっても見つかりませんよね。

それに、自分を棚に上げて他人のせいにしてばかりいる人なんて、面倒くさそうで逆に異性から避けられて当たり前でしょう。

 

出会いがない

「自分には出会いが全くない」こんな言葉が口癖になっている人は、愚痴を言うばかりで、自分から積極的に出会いの場へ行っていない人が多いです。自分で何か働きかけたりする努力を何もしないで、異性が来るのを待つだけではそもそも出会いの機会なんて訪れません。お相手が見つからない言い訳を「出会いがない」とするのはやめましょう。

どうせ私なんて結婚できない

「どうせ私なんて結婚できない」と「どうせ私なんて」が口癖の人と親しい友達になりたいと思う人がいるでしょうか?「どうせ私なんて」と言ってる時には、当然ネガティブになっている時ですし、聞かされてる人もいい気分がしません。

暗い顔は魅力的にみえないばかりか、ネガティブな人を自然に避けたいと思うのは、人間の本能的な部分でしょう。自分に自信があって明るくポジティブな人の周りには、いろんな人が集まります。当然、出会いの機会も増えると思います。何か一つでも自分に自信が持てるところを探して、「どうせ私なんて。」を克服してみませんか?

婚活がうまくいかない人の言い訳

婚活が全然うまくいかなかったり、もう疲れて婚活に向き合いたくなってしまったら、つい口に出てしまうのが言い訳です。自分に責任があると考えるのが嫌で、言い訳して、他のせいにすることで自分を正当化しようしていませんか?

 

仕事が忙しい

婚活ができないというよくある理由のひとつとしてよくある言い訳が「仕事が忙しい」です。では、婚活をしている人はみんな仕事が暇で、、時間的にも精神的にも余裕がある人なのかというとそんなことはありませんよね。忙しくたって、婚活している人は大勢います。

時間の使い方が上手な人は仕事をしていても婚活ができるでしょう。仕事が忙しいから婚活ができないという言い訳をする人は、プライベートと仕事をうまく分けられない人、仕事の上でも時間を有効的に使えない人かもしれませんね。

 

どんなに時間がなくても、工夫して誰かとお付き合いをすることによって、毎日の仕事と家の往復の単調な生活もなくなります。プライベートが充実することにより、働く意欲も湧いてきて、少ない中からデートの時間を捻出したりして、時間の使い方もうまくなり、逆に仕事も効率よくできる場合もよくあるそうです。

最近婚活に疲れている

言い訳とは少し違いますが、婚活がうまくいかない理由として、「婚活に疲れた」と口に出す人がいます。一年以上婚活をしているのにまったく成果が出せていない。お見合いにも出会いの場に出るのにも疲れてしまった。そうして、だんだんネガティブになって、言い訳や愚痴を言いだすようになります。

言い訳や愚痴が口癖になる前に少し立ち止まって、自分の婚活の方法は間違っていないのかと考え直してみたり、婚活のことを少し忘れて、リフレッシュしてみてはどうでしょうか。

自分は結婚に向いていない

婚活がうまくいかないからといって、「自分は結婚に向いてない」なんて言い訳をし出す人がいます。婚活がなかなかうまくいかないだけであって、「結婚が向いてない」なんてことはありませんよね。自分結婚が向いていない理由だけをあげつらって、うまくいかない結婚をイメージして、それを言い訳にしてみても、余計に婚活がうまくいかなくなるだけの話です。本当にあなたが結婚をしたいなら、まだ始まってもいない結婚を向いていないと想像するのはやめにしましょう。

 

いずれ成婚できるであろう人の口癖

それでは逆にいずれ成婚できるであろう人の口癖とはいったいどういったものでしょう。

 

婚活は楽しい

本来、婚活は楽しいものです。なぜかというといろんな未知の人と出会えるからです。普段の生活の場なら知らない異性に声をかけたりするのは恥ずかしいことかもしれませんが、お見合いパーティーや婚活パーティーの場なら声をかけるのが当たり前です。それに相手も声をかけられるのを待っています。どんどん声をかけて、友達を増やしていく感覚です。いろんな人と話ができて「婚活が楽しい」と言えるようになったら、成婚できる日も近いかもしれません。

必ず結婚できる

思い込みは大事です。必ず自分は結婚できると信じましょう。前向きでポジティブな婚活なら、友達や周りの人に隠す必要はありませんよね。自分は結婚したい、だから婚活をしているんだと堂々と言える人なら、貪欲に行動できる人でしょう。何度も言いますが、待ってても出会いの機会は訪れません。欲しいものは欲しい、したいものをしたい、自分は結婚できるのだと婚活に希望を見出している人が婚活がうまくいく人なのです。

 

結婚がゴールではない

結婚はゴールでしょうか?むしろ長い結婚生活のスタート地点です。結婚をゴールではないと考えている人は目先の条件に焦って飛びつくなんてことは少ないと思います。結婚とは夢見るものではなく現実的なものです。結婚とは日々の生活です。ちゃんとした人生設計を持っている人なら、お相手の方も安心してお付き合いすることもできるでしょう。ただ、結婚はゴールではないと口癖にするだけではなく、実質を伴った言葉にすることがおすすめです。

 

まとめ

婚活に限ったことではありませんが、何でもうまくいかないと、自分のことは棚に上げて、他の人のせいにしたり、事情や状況のせいにしたりしがちですよね。かといって、自分のここがダメだとか自分は向いていないとかマイナスポイントばかり考えて、後ろ向きになってしまってもだめです。うまくいく、いかないも考え方次第だと思います。少しくらいうまくいかなくたって、暗くならず前向きに趣味を楽しむように婚活を楽しむくらいの余裕は持ちたいものですね。

結婚のチャンスを上げる!無料メールセミナー受付中

10日間の無料メールセミナー!「あなたが結婚できない理由はコレだ!10日間で結婚チャンスを上げる科学的方法」

日本実務能力開発協会 認定コーチ、上級心理カウンセラー、行動心理士の資格を持つ代表田中が10日間毎日配信する無料メールセミナーです!どうすれば結婚ができるのか?脳科学や心理学をベースに、結婚する確率を科学的に上げる方法をレクチャーいたします。

【メールセミナーのスケジュール】
1日目:はじめに
2日目:自分で自分をどう思っているか?セルフイメージを知ろう
3日目:自分をしばりつけるお邪魔虫!メンタルブロックとは?
4日目:もう一つのお邪魔虫!ホメオスタシスってなぁに?
5日目:あなたを自動操縦している潜在意識
6日目:だから結婚できないんだ!スコトーマの謎
7日目:これで良縁を引き寄せる!ゴール設定のススメ
8日目:セルフイメージを上げて成婚を引き寄せる方法
9日目:条件は下げてはいけないけど広げよう!
10日目(最終回):手間暇かけずに大量行動

ご登録は以下のフォームからお気軽に!
PC用 登録・解除フォーム

携帯用 登録・解除フォーム

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールをご確認ください。

スポンサーリンク