京都で婚活するなら「ことぶら結婚相談所」

顔合わせ食事会と結納はどこがちがう?その違いを徹底解説!

顔合わせ食事会と結納はどこがちがう?その違いを徹底解説!

スポンサーリンク

結婚が決まったらその前にやっておきたいことが二つあります。それは、両家顔合わせ食事会と結納です。今回は、皆さんが知ってるようで知らない、この二つの内容と違いをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

両家顔合わせの食事会

顔合わせの食事会とは婚約済みの二人が双方の両親を引き合わせするための食事会のことです。二人で結婚の約束を交したら、お互いの両親への結婚報告をしましょう。そして、報告を終えて、両家ともに了承したら早めに両家顔合わせの食事会の準備を始めます。

 

日程の調整

まずは両家の希望を確認しながら、結婚する二人で計画を立てていきましょう。最初にするのは日程の調整です。大安、友引などの日取りを気にする親もいるのでそこは慎重に決めていきましょう。

 

お店の予約

日程が決まったら、お店の予約です。予算はだいたい3万円〜6万円で、レストランや料亭でゆっくりと過ごせる個室があるお店を選んだ方が無難です。お店には顔合わせに使うということを事前に伝えておくことも忘れずに。料理は予約時に決めておいた方が当日慌てなくて済むかもしれません。アレルギーや好き嫌いもあらかじめ確認しておいてくださいね。

最後に支払いを両家の折半にするのか結婚する二人の招待にするのか事前に決めておきましょう。最近は親を招待するケースの方が多いようです。

その他必要なこと

両家顔合わせの食事会は、両家の家族が初めて出会い、挨拶だけでなく、正式に顔を合わせて親睦を深め合う大切なイベントです。その場にふさわしい話題や服装、手土産やマナーなどもしっかりチェックしておいたほうがいいでしょう。話題として婚約指輪などを用意しておくと話が弾むかもしれません。

服装は、堅苦しくなりすぎず、とはいえ、カジュアルにもなりすぎず、軽い正装といったものがいいでしょう。両家がちぐはぐな服装にならないように事前に相談しておくのもいいかもしれませんね。

 

当日の流れ

待ち合わせは、それぞれの親と合流して目的地のお店に向かうのがおすすめです。遠方から来られる場合は駅や空港まで迎えに行ってあげた方が喜ばれるでしょう。お店について部屋に入り両家揃ったら、結婚する二人を代表して男性が挨拶します。続いて両家の挨拶、乾杯、歓談と結婚する二人がリードして進んでいきましょう。途中や最後に記念写真などを撮られる方も多いです。

 

結納って?

結納には仲人が両家を行き来する「正式結納」、仲人を立てて女性側の家で行われたり、仲人を立てずにレストランや料亭で行われる「略式結納」があります。内容は両家の親睦を深めるための顔合わせがメインの食事会とは違って、結納品や受書などのやり取りがメインになります。結納の式は一般的には20分ほどで終わり、その後、会食となります。

 

当日までに準備すること

当日までの準備はふたりがお互いの親の間に入って、日取りと場所を決め、結納品、結納返しなどの準備品、両家のしきたりなどの確認、調整をします。日取りは挙式の3ヶ月〜1年前の吉日を選びます。吉日のうち、いくつか日取りの候補を上げておきます、その中で両家の予定を調整するようにしましょう。なお、仲介人の有無もこの時に決め流ことが多いようです。しかし、最近は仲人を立てずに略式結納をすることが多いようです。

男性側は結納品9品目(または7品目、5品目、3品目)と受書(受け取ったことを証明する受領書)、家族書/親族書(家族や親族を紹介したもの)を準備します。結納品とは、喜びや感謝の気持ちを伝えるための相手への贈り物のことを言います。結納品の品目数は地域や家庭によって変わってくることもあるので、事前に両家に確認をしておきます。また、9品目の場合、結納金や婚約指輪も結納品に含まれます。

女性側は結納返しといって、男性側に頂いた結納品のお礼としてお返しする贈り物を用意しましょう。内容としては「袴料」と呼ばれる現金や、ブランド物の時計、洋服、ネクタイなどが贈られることが多いです。

 

結納の場所

結納の場所は正式結納の場合はお互いの家を行き来することになりますが、略式の場合はこれといって決められてはいませんので、女性の家だったり、格調の高いレストランや料亭など両家の希望に沿った場所を選ぶようにします。予算も食事会の時よりも少しお高く4〜10万円のあたりが一般的なようです。

 

当日の服装

結納日の当日の服装は伝統的な儀式にふさわしくフォーマル、またはセミフォーマルなものにしましょう。顔合わせ食事会と同じく事前に両家の服のばらつきがないように打ち合わせしておくことが大事です。

 

当日の流れ

全員、到着したら、結納品を飾ります。そのあと結納の儀式となります。飾り方や結納の流れなど、これも地域によってしきたりが違いますので事前にチェックしておいてください。結納の流れは、仲人を立てない場合は男性側の父親が司会進行をすることが多いです。司会の挨拶の後、結納品、結納返しの受け渡し、婚約指輪の披露、記念写真、会食歓談と続きます。食事会と同様に手土産など用意しておくといいですね。

 

顔合わせ食事会と結納の違い

こうやって並べて説明していくといろいろと違うところがあるのがわかりますね。

 

結納には伝統やしきたりが

結納の方は古くからの伝統やしきたりがあり、結納品などの前準備もしっかりしないといけないし大変だと言えます。結納当日も顔合わせ食事会とは違って、決まった流れがあるので、確認しておくことも多いです。

 

まとめ

最近は、きちんとした結納は面倒くさいし堅苦しいと思われがちで減少する方向にあり、結納はせずに両家の顔合わせ食事会だけを行うケースが増えてきているようです。確かに結納の準備は大変かもしれませんが、古き良き伝統も感じられるし、普通に食事会をするよりも、大変な分、両家の絆が深まるのはないかなと思いました。

結婚のチャンスを上げる!無料メールセミナー受付中

10日間の無料メールセミナー!「あなたが結婚できない理由はコレだ!10日間で結婚チャンスを上げる科学的方法」

日本実務能力開発協会 認定コーチ、上級心理カウンセラー、行動心理士の資格を持つ代表田中が10日間毎日配信する無料メールセミナーです!どうすれば結婚ができるのか?脳科学や心理学をベースに、結婚する確率を科学的に上げる方法をレクチャーいたします。

【メールセミナーのスケジュール】
1日目:はじめに
2日目:自分で自分をどう思っているか?セルフイメージを知ろう
3日目:自分をしばりつけるお邪魔虫!メンタルブロックとは?
4日目:もう一つのお邪魔虫!ホメオスタシスってなぁに?
5日目:あなたを自動操縦している潜在意識
6日目:だから結婚できないんだ!スコトーマの謎
7日目:これで良縁を引き寄せる!ゴール設定のススメ
8日目:セルフイメージを上げて成婚を引き寄せる方法
9日目:条件は下げてはいけないけど広げよう!
10日目(最終回):手間暇かけずに大量行動

ご登録は以下のフォームからお気軽に!
PC用 登録・解除フォーム

携帯用 登録・解除フォーム

※メールが届かない場合は念のため迷惑メールをご確認ください。

スポンサーリンク